弊社在庫有 SBNS060 スマートDio AF63 PH11 最大43%OFFクーポン 6000K スフィアライト 1年保証 バイク用LEDヘッドライトバルブ 60%OFF ネオル NEOL

弊社在庫有 SBNS060 スマートDio AF63 PH11 6000K バイク用LEDヘッドライトバルブ NEOL(ネオル) 1年保証 スフィアライト

4657円 弊社在庫有 SBNS060 スマートDio AF63 PH11 6000K バイク用LEDヘッドライトバルブ NEOL(ネオル) 1年保証 スフィアライト 車、バイク、自転車 バイク ライト、レンズ ヘッドライトASSY 弊社在庫有 SBNS060 スマートDio AF63 PH11 6000K スフィアライト 1年保証 バイク用LEDヘッドライトバルブ 【60%OFF!】 ネオル NEOL 4657円 弊社在庫有 SBNS060 スマートDio AF63 PH11 6000K バイク用LEDヘッドライトバルブ NEOL(ネオル) 1年保証 スフィアライト 車、バイク、自転車 バイク ライト、レンズ ヘッドライトASSY 1年保証,SBNS060,スマートDio,NEOL(ネオル),PH11,/bronchocele842087.html,wegrowcrm.com,スフィアライト,4657円,AF63,6000K,車、バイク、自転車 , バイク , ライト、レンズ , ヘッドライトASSY,バイク用LEDヘッドライトバルブ,弊社在庫有 弊社在庫有 SBNS060 スマートDio AF63 PH11 6000K スフィアライト 1年保証 バイク用LEDヘッドライトバルブ 【60%OFF!】 ネオル NEOL 1年保証,SBNS060,スマートDio,NEOL(ネオル),PH11,/bronchocele842087.html,wegrowcrm.com,スフィアライト,4657円,AF63,6000K,車、バイク、自転車 , バイク , ライト、レンズ , ヘッドライトASSY,バイク用LEDヘッドライトバルブ,弊社在庫有

4657円

弊社在庫有 SBNS060 スマートDio AF63 PH11 6000K バイク用LEDヘッドライトバルブ NEOL(ネオル) 1年保証 スフィアライト

SBNS060


視聴ページへ(外部サイト)



商品特長


■ ハイパワーLEDxシルク配光
コンパクトサイズで多面発光を実現するCREE社製のハイパワーLEDを採用。
さらにスフィアライト独自の配光設計技術により、ムラなく光が広がるシルク配光を実現。
近・遠距離の視認性を改善し、ドライバーの目にかかる負担を軽減します。

■ 交流電源対応
コントローラーは160Vまでの広い電圧幅に対応。
キャブ・FI車を問わずバッテリーレス車にも問題なくご使用いただけます。

■ 可動式ヒートシンク
ヒートシンクの角度調整や向きを変更することができるため、配線やライトケース後方の周辺機器への干渉を避けることができ、スマートな取付けが可能です。

■ アシストハイビーム
ハイビーム時にも手前側の視野を確保する『アシストハイビーム機能』を搭載しており、安全走行をサポートします。


弊社在庫有 SBNS060 スマートDio AF63 PH11 6000K バイク用LEDヘッドライトバルブ NEOL(ネオル) 1年保証 スフィアライト

ハロゲンがキレ注文後、すぐに到着し取付けました。 ハロゲンより白く明るく夜間は見やすいですね。 耐久性はまだわかりませんが… 結構高価ですが安物よりは耐久性がある事を願っています。
  • 2022年2月9日

言語と方言の違いについて

言語と方言の区別について 「言語」と「方言」の区別をするのは実は簡単ではありません。   日本国内でも、琉球諸語の扱いなどはかなり微妙なラインです。 2009年にユネスコは、世界で約2500 […]

  • 2022年1月16日

日本語の受け身(直接受身、間接受身、持ち主の受け身)について

日本語の受け身 日本語の受け身の分け方は諸説ありますが、日本語教育では以下の2つに分けて考えることが多いです。 直接受身 間接受身   ただ、「持ち主の受け身」を別のものと考え、3分類とする […]

  • 2022年1月16日

万葉仮名とは?平仮名と片仮名との関係性は?

万葉仮名とは 万葉仮名は、日本語の音を表記するために使われていた文字のことです。   いってしまえば、当て字のことです。 今も「アメリカ」を「亜米利加」、「アジア」を「亜細亜」、「フランス」 […]

  • 2021年12月23日

本質主義(essentialism)の何が問題なのか。その4つの側面について(Phillips 2010)

本質主義(essentialism)とは この記事では、Phillips(2010)の『What’s wrong with Essentialism?.(本質主義の何が問題なのか)』という […]